Loading…

    上手になってきた

    Posted by 小笠原清基(おがさわらきよもと) on 25.2013 書籍   0 comments
    現在、礼法のDVDを作成しています。

    撮影も何度もしていると、出演している方の技量が向上してきている。


    やはり、撮影は上達するのにはよいと思う。


    私自身、これまで何度もテレビや雑誌の撮影をしてきている。


    そのたび、上達しているのがよくわかる。


    よく、撮影秘話みたいなので、苦労話とかしている。

    けど、テレビや雑誌とかは最終的にかたちになったものを見ているわけで、過程がどうかなんて、見る方には関係無いように思う。


    被写体がプロであろうと素人であろうとも関係無い。


    この分野は、ある意味結果が重要な領域なんだと思っている。


    だからこそ、上達するのだと思う。


    稽古でないし、行事でもない。

    ある種、特異的な場面ではあるが、小笠原流の看板が全面に出る場ですので、歴史を汚すわけにはいかない


    出来る、出来ないではない

    やるだけ


    なのです



    自分でやると決めたのならば、言い訳せずにただやるのです。



    と、早く寝ればよいのに、アルコール燃料で活動中。



    • password
    • 管理者にだけ表示を許可する

    プロフィール

    小笠原清基(おがさわらきよもと)

    Author:小笠原清基(おがさわらきよもと)
    1980年生まれ。
    弓馬術礼法小笠原流31世小笠原清忠宗家の長男。
    3歳で稽古を始め、小学5年で鎌倉の鶴岡八幡宮で流鏑馬神事の射手を務める。
    大阪大を卒業後、筑波大大学院にて神経科学博士を取得。「家業を生業にしない」という家訓があり、現在製薬会社の研究員。
    NPO法人小笠原流・小笠原教場 理事長
    一般社団法人日本文化継承者協会 代表理事
    一般社団法人蛍丸記念刀剣文化遺産伝承会 顧問
    日本女子体育大学弓道部 監督

    お知らせ

    カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    QRコード

    QRコード