Loading…

    習礼(しゅらい)

    Posted by 小笠原清基(おがさわらきよもと) on 04.2012 弓馬術(流鏑馬)   0 comments
    射手定めの後、習礼といって流鏑馬神事の動きの稽古を諸役をしてくださる、地元の小中学生とともに行いました。

    皆さん、本当に真剣に取り組んでくださいました。


    2時間という時間でしたが、集中力を切らすことなく最後まで稽古をされてました。

    20120902-syurai



    いつも言っていますが、流鏑馬というのは諸役の方がどれくらい真剣にしてくださるかにかかっています。

    馬に乗っている人は、一瞬で通りすぎますが、諸役の方は1時間ちかく同じところにいます。

    そのため、見ている方からすれば諸役の方々がダラダラしていたり、おしゃべりをしていたりすると、残念!!ってことになるわけです。



    まぁ、彼らならば大丈夫でしょう。


    最後は、お辞儀の仕方をして稽古は終わりました。



    • password
    • 管理者にだけ表示を許可する

    プロフィール

    小笠原清基(おがさわらきよもと)

    Author:小笠原清基(おがさわらきよもと)
    1980年生まれ。
    弓馬術礼法小笠原流31世小笠原清忠宗家の長男。
    3歳で稽古を始め、小学5年で鎌倉の鶴岡八幡宮で流鏑馬神事の射手を務める。
    大阪大を卒業後、筑波大大学院にて神経科学博士を取得。「家業を生業にしない」という家訓があり、現在製薬会社の研究員。
    NPO法人小笠原流・小笠原教場 理事長
    一般社団法人日本文化継承者協会 代表理事
    一般社団法人蛍丸記念刀剣文化遺産伝承会 顧問
    日本女子体育大学弓道部 監督

    お知らせ

    カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    QRコード

    QRコード