FC2ブログ
    Loading…

    公私共に

    Posted by 小笠原清基(おがさわらきよもと) on 08.2017 日記   0 comments
    何をもって公、何をもって私というかは別として

    充実を通り過ぎて飽実です。


    ま、やることがあり、それができるというのは恵まれていることなのですが


    大変だ

    苦しい


    とは思わず、飽和するほどに実に意義ある人生をおくれているということなのです。


    ただ、効率化をはかったところで限られた時間


    ある程度の取捨選択は必要



    意味の無い慣例はやめ、過去現在未来を考えて動くことにしている


    抵抗は多いけど


    結局、責任をとるのは私だけなのだから




    • password
    • 管理者にだけ表示を許可する

    プロフィール

    小笠原清基(おがさわらきよもと)

    Author:小笠原清基(おがさわらきよもと)
    1980年生まれ。
    弓馬術礼法小笠原流31世小笠原清忠宗家の長男。
    3歳で稽古を始め、小学5年で鎌倉の鶴岡八幡宮で流鏑馬神事の射手を務める。
    大阪大を卒業後、筑波大大学院にて神経科学博士を取得。「家業を生業にしない」という家訓があり、現在製薬会社の研究員。
    NPO法人小笠原流・小笠原教場 理事長
    一般社団法人日本文化継承者協会 代表理事
    一般社団法人蛍丸記念刀剣文化遺産伝承会 顧問
    日本女子体育大学弓道部 監督

    お知らせ

    カレンダー

    09 | 2018/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    QRコード

    QRコード