Loading…

    Genuine Japan

    Posted by 小笠原清基(おがさわらきよもと) on 19.2015 日記   1 comments
    以前から、文化を継承している方だけが集まった組織があったらいいのになと思っていました。


    継承者だけの組織


    で、つくりました。


    その名も


    一般社団法人日本文化継承者協会


    わかりやすい



    そして、この組織の最初の事業が


    Genuine Japan



    一年間、毎月一つずつ様々な文化を学んでいくというもの。


    取材を受けていたり、講演会での質問などを聞いていると、文化を点としかとらえていないんだなと思うことが多々ありました。

    線でもなく輪というか立体というか、文化というのは様々なことが絡み合っているのですが、伝統文化となるとどうしても点で捉えがちなようです。


    そして、文化を学ぶ上で重要なのが本物を知るということ


    情報があふれる現代において、何が真実かわからないことが多くあります。


    この『Genuine Japan』では各流派の宗家などに講師をお願いしています。


    こういった趣旨のため、1講座だけを受けるというのは出来なく、半期(6ヶ月)か1年間のコースのみになっています。


    ご興味おありの方は、是非お申込みください。


    内容は

    【 前 期 】

    <<第一講>>

    「小笠原流 正月の迎え方 」

    日程:2015年12月18日(金) 又は、19日(土)

    年中行事に根ざす意味や価値を知っていますか?

    ”おもてなし”、”礼法”の源流であると言われるあの小笠原宗家が代々継いできた、一般では見る事ができない貴重な「お正月飾り」から作法までを公開。
    源流を知ることで、更に心豊かなお正月を迎えることができるでしょう。

    ❏講師:小笠原流三十一世宗家 小笠原清忠
    ❏会場:八芳園

    <<第二講>>

    「 華道古流(かどうこりゅう)
    〜伝統文化としてのいけばなと床の間〜 」

    日程:2016年 1月15日(金)又は、16日(土)

    あなたは床の間の上座、下座を正確に理解していますか?

    華道古流の実演、和室や床の間の基礎知識、設いについてなど、日常に活かせる実践的な知識を学んで頂きます。

    ❏講師:華道古流宗家十一代家元 宇田川理翁
    ❏会場:八芳園


    <<第三講>>

    「 宝蔵院流槍術(ほうぞういんりゅうそうじゅつ 」

    日程:2016年 2月5日(金)又は、6日 (土)

    「弓馬槍剣」とよばれ、
    日本の四大古武術のひとつ、槍術。

    日本武術の中でも格式高い槍術ですが、一般の方が実際に体験したり本物を見る機会はほぼ皆無ではないでしょうか。今回、GJでは「弓馬槍術」全ての古武術を網羅し、体験していただきます。

    今回の講師はNHK大河ドラマ、八重の桜の槍術を指導、監修し、宝蔵院流槍術。

    日常では絶対に見ることもできない宗家の宝蔵院流槍術を体験、間近でご覧頂き、武道の中に見る日本の崇高な精神性を学んで頂きます。

    ❏講師:宝蔵院流槍術二十一世宗家 一箭順三  
    ❏会場:八芳園

    <<第四講>>

    「 大名の参勤交代と島津家の雛飾り 」

    日程:2016年 3月4日(金)又は、5日(土)

    NHK大河ドラマ篤姫の御家でもある島津家。

    今回は島津家三十二代当主嫡男 島津忠裕自ら、参勤交代の中で行われていた密かな目的や独特の文化をじっくりと学んで頂きます。

    ❏講師:島津家三十二代当主嫡男 島津忠裕
    ❏会場:八芳園

    <<第五講>>

    「 蹴 鞠 (けまり)」

    日程:2016年 4月1日(金)又は、2日(土)

    雅な文化の象徴的存在である「蹴鞠」。
    今回はなんと宮内庁から千代田蹴鞠研究会が実演を交えてその独特の世界観を学んで頂きます。

    ❏千代田蹴鞠研究会
    ❏会場:八芳園

    <<第六講>>

    「 香 道(こうどう) 」

    日程:2016年5月6日(金)又は、7日(土)

    香道とは、文字どおり香りを楽しむことを基本とした芸道で、茶道や華道と同じく、動作の中に精神的な落ち着きを求める日本古来の芸道です。

    その歴史は茶道や華道と同じく室町時代にまで遡りますが、香木を焚いて香を楽しむことは、聖徳太子の飛鳥時代からといわれています。香道は日本古来の「ジャパニーズ・アロマテラピー」とも呼ばれ、世界中を見ても「香り」を芸術にまで昇華させ、精神性を追求する芸道は他に例を見ないものです。

    ❏講師:志野流21代目継承者 蜂谷宗苾)
    ❏会場:八芳園

    ーーーーー

    【 後 期 】

    <<第七講>>

    「 刀 匠 (とうしょう)」

    日程:2016年 6月10日(金) 又は、11日(土) 

    世界から羨望の眼差しを受け続けてきた「武士」、
    そして日本伝統工芸・美術の代表格「日本刀」。

    現代日本においてその美しさや、真髄を学ぶことは非常に困難です。GJでは現代刀の名工、奈良無形文化財の月山貞利氏を講師に迎え、日本の魂の象徴ともいえる日本刀の基礎知識や真髄を学んで頂きます。

    ❏講師:奈良無形文化財 月山貞利

    ❏会場:東京都内(*お申し込みをいただいた皆様へは、確定後、ご連絡いたします。)

    <<第八講>>

    「 流鏑馬 (やぶさめ)」

    日程:2016年 7月1日(金) 又は、2日(土)

    狩装束に身を包み、颯爽と走り抜ける馬の背から矢を放ち、的を射抜く流鏑馬。
    その雄々しさと美しさは世界中を魅了してやみません。
    では流鏑馬とは何か、その魅力とは?

    今回はGJ創始者であり、小笠原流三十一世宗家嫡男小笠原清基氏自ら、講師を勤めて頂きます。

    ❏講師:小笠原流三十一世宗家嫡男 小笠原清基)
    ❏会場:東京都内(*お申し込みをいただいた皆様へは、確定後、ご連絡いたします。) 

    <<第九講>>

    「 衣紋(えもん) 」

    日程:2016年8月26日(金) 又は、27日(土)

    日本の伝統衣装、着物の中でも最も格式高い十二単とは?

    今回は、國學院大學名誉教授であり、
    日本の歴史学者、風俗史・有職故実学の第一人者である鈴木敬三氏の後継者、鈴木真弓氏をお迎えし、
    憧れの衣紋を学ぶことができる貴重な機会です。

    ※有職故実とは‥ 朝廷や公家、武家の昔からの行事や法令・儀式・制度・官職・風俗・習慣の先例、典故。 また、それらを研究する学問。

    ❏講師:元宮内庁書陵部職員 国学院大学兼任講師 鈴木真弓)
    ❏会場:東京都内(お申込された皆様へ確定後ご連絡致します)

    <<第十講>>

    「 能 (のう)」

    日程:2016年 9月 9日(金) 又は、10日(土)

    能は、継承されている演劇としては「世界最古」といわれ、日本独自の舞台芸術で、世界無形遺産に指定されています。芝居のみならず、舞いや歌の要素ももつ音楽劇であり、オペラと対比されたりもしますが、同じ楽劇でもその違いには目を見張ります。

    今回は能のシテ方五大流派のひとつである金剛流
    26代宗家嫡男 金剛龍謹氏をお迎えし、能の真髄をご教示頂きます。

    講師:金剛流26世宗家嫡男 金剛龍謹)
    会場:東京都内(*お申し込みをいただいた皆様へは、確定後、ご連絡いたします。)

    <<第十一講>>

    「 茶 道 (さどう)」

    日程:2016 年10月14日(金) 又は、15日(土)

    江戸千家十代宗家 名心庵宗雪氏直々にお越しいただき、総合芸術と称される茶道の真髄を実体験の中でじっくりと学んで頂きます。

    ❏講師:江戸千家十代家元 川上宗雪

    ❏会場:東京都内(*お申し込みをいただいた皆様へは、確定後、ご連絡いたします。)

    <<第十二講>>

    「 和 紙 (わし)~格・包の文化・お歳暮にむけて~ 」

    日程:2016年11月18日(金) 又は、19日(土)

    和紙には格があることをご存知ですか?
    また和紙の上下、裏表を理解されていますか?

    本講座では和紙の基本知識から「包」の文化まで、その真髄と実際の生活に活用できる具体的な方法まで学んで頂きます。

    ❏講師:一般財団法人世界紙文化遺産支援財団紙守
    ❏会場:東京都内(*お申し込みをいただいた皆様へは、確定後、ご連絡いたします。)


    平日のコース

    A.金曜日19:00-21:00(限定30名)

    土曜日のコース

    B.土曜日10:00-12:00(限定30名)


    を用意することで、様々な方にご参加いただけるようにしています。


    お申し込みはこちら




    ご興味おありの方は、是非お申込みください。

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2015.11.20 20:02 | | # [edit]


    • password
    • 管理者にだけ表示を許可する

    プロフィール

    小笠原清基(おがさわらきよもと)

    Author:小笠原清基(おがさわらきよもと)
    1980年生まれ。
    弓馬術礼法小笠原流31世小笠原清忠宗家の長男。
    3歳で稽古を始め、小学5年で鎌倉の鶴岡八幡宮で流鏑馬神事の射手を務める。
    大阪大を卒業後、筑波大大学院にて神経科学博士を取得。「家業を生業にしない」という家訓があり、現在製薬会社の研究員。
    NPO法人小笠原流・小笠原教場 理事長
    一般社団法人日本文化継承者協会 代表理事
    一般社団法人蛍丸記念刀剣文化遺産伝承会 顧問
    日本女子体育大学弓道部 監督

    お知らせ

    カレンダー

    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    QRコード

    QRコード