FC2ブログ
    Loading…

    津和野

    Posted by 小笠原清基(おがさわらきよもと) on 09.2021 弓馬術(流鏑馬)   0 comments
    昨年は中止となった津和野の流鏑馬

    本年は、無拝観ということで執行されました。

    その場に居合わせた方は拝観ができるという状況

    ニュース


    このような中においても執行する方法を考えて実際に執行するというのは大変なご苦労があったことと思います。

    私なりに敬意を表し、久しぶりに流鏑馬射手をしました。

    身体的な問題によりやれないのですが、いつぶりかなと思うくらい久しぶりです。


    人数も限定しての執行でしたので、いつものように執行できる日が待ち遠しいですね



    子ども流鏑馬教室

    Posted by 小笠原清基(おがさわらきよもと) on 07.2020 弓馬術(流鏑馬)   0 comments
    今年は秋に開催の子ども流鏑馬教室

    小学生~中学生が対象です。

    そこに、わが子(4歳)もまじっています。

    もちろん、父同伴

    2020110-kocomo-yabu


    ご迷惑にならないように

    子ども流鏑馬教室

    Posted by 小笠原清基(おがさわらきよもと) on 01.2020 弓馬術(流鏑馬)   0 comments
    子ども流鏑馬教室の開催について


    毎年春に行っております子ども流鏑馬教室

    本年も文化庁の伝統文化親子教室事業として採択をされましたが

    COVID-19のために秋に開催することとなりました。


    全6回の講座で、小笠原流流鏑馬の基礎となる動きの稽古などを行います。


    小笠原流の流鏑馬は将軍家に指南した流鏑馬であるため、
    力強さの中に風格を併せ持つことが特徴です。

    礼法といって、立ち居振る舞いの稽古をし、
    弓を引く稽古をし、
    そして馬上での姿勢の稽古をするという稽古法により、その特徴が生み出されていきます。


    武家の身体の使い方は無駄の無い動きです。

    この動きを身につけるためには身体の中心の筋力を使用します。

    子ども流鏑馬教室を通じて、身体の中心を使う動き方を身につけていきます。

    教室の会場は小笠原流の稽古場であるため、和室での振る舞いも合わせて身に付けていただきます。

    ご興味おありの方は、下記要綱をご覧の上npo-info@ogasawara-ryu.gr.jpまでご連絡ください。


    日時
    令和2年
    10月10日10時~12時
    10月17日10時~12時
    10月24日10時~12時
    11月7日10時~12時
    11月21日10時~12時
    11月28日10時~12時

    対象
    小学生~中学生

    定員
    10名(先着順)

    参加費
    10,000円(6回分、稽古着、弓矢の借用を含む)

    用意いただくもの
    足袋(紺足袋が望ましい)
    稽古着の下にシャツを着る場合にはVネックあるいはUネックのシャツでお願いします。

    会場
    小笠原教場(京王線芦花公園駅より徒歩7分)

    ※実際の馬には乗りません。

    申込み方法
    下記の要項を記載の上、npo-info@ogasawara-ryu.gr.jpまでご連絡ください。
    氏名(ふりがな)、年齢、性別、身長、緊急連絡先(電話)

    お申込みにはメールにて4日以内に返信いたしますので、それをもって申込み完了とさせていただきます。
    返信が無い場合は、080-9978-1687までお電話ください。

    懐かしい

    Posted by 小笠原清基(おがさわらきよもと) on 16.2020 弓馬術(流鏑馬)   1 comments
    2001年

    イギリスのハイドパークにおいて流鏑馬を執行しました。

    http://www.ogasawara-ryu.gr.jp/event/SpecialEventData/japan2001_yabusame.html


    japan2001-yabusame-


    この流鏑馬の時に出会った方と久しぶりにお会いしましたら、2001年流鏑馬の時の【のぼり旗】を見せてくださいました。

    懐かしいなと

    強く思いました。

    あれから20年ほど

    それぞれの立場は変われども、こうしてお会いできるというのはよいものです。


    さて、3月4日11時 神奈川県川崎市にあります

    女躰大神(女躰神社)

    にて屋越しの蟇目を行います。


    女躰神社 幼稚園

    の落成記念です


    関係者のみの公開かもしれませんが


    女躰神社というのは、女性の悩みを取り除いてくれる神社のようです。


    では、男性の悩みを取り除いてくれる神社はあるのかなと検索してみると・・・・

    あるにはあるのだが、これらは男性のみなのか?


    検索が足りないのかもしれない





    田原本流鏑馬

    Posted by 小笠原清基(おがさわらきよもと) on 28.2019 弓馬術(流鏑馬)   0 comments
    いよいよ本年最後の流鏑馬

    例年は多度大社で終わりなのですが、本年は田原本流鏑馬が最後になります。


    https://yabusame.town.tawaramoto.nara.jp/


    クラウドファンディング

    を行ったり


    事前に様々なところで告知をしたりと


    地元の方々の想いが伝わる流鏑馬です。


    多度大社の流鏑馬の時に、本番当日の昼食で出た何とも不格好なおにぎり

    慣れない方々が一生懸命作ってくれたのだなと感じました

    お金で解決するよりもよっぽど思いが通じます


    お祭りは、意志が必要だと思います。

    一生懸命やるからこそ、そこに感動があったり、行う意義がでてくるのだと思います。


    12月1日12時から、唐子・鍵遺跡にて行います。

    前日は稽古があります。


    お時間のあります方は是非お越しください。


      

    プロフィール

    小笠原清基(おがさわらきよもと)

    Author:小笠原清基(おがさわらきよもと)
    1980年生まれ。
    弓馬術礼法小笠原流31世小笠原清忠宗家の長男。
    3歳で稽古を始め、小学5年で鎌倉の鶴岡八幡宮で流鏑馬神事の射手を務める。
    大阪大を卒業後、筑波大大学院にて神経科学博士を取得。「家業を生業にしない」という家訓があり、現在製薬会社の研究員。
    NPO法人小笠原流・小笠原教場 理事長
    一般社団法人日本文化継承者協会 代表理事
    一般社団法人蛍丸記念刀剣文化遺産伝承会 顧問
    日本女子体育大学弓道部 監督

    お知らせ

    カレンダー

    03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    QRコード

    QRコード