Loading…

    東京理科大学オープンカレッジ

    Posted by 小笠原清基(おがさわらきよもと) on 10.2018 弓馬術(流鏑馬)   0 comments
    東京理科大学

    学生の時に受験しようかと思った大学の一つです。

    結局は受験しませんでしたが。。。

    そんな東京理科大学で昨年から学生向けの授業をしています。

    そのご縁で、今回、東京理科大学オープンカレッジという一般向けの講座でもとりあげていただくことになりました。


    その名も

    小笠原流の流鏑馬の世界 全2回
    浅草流鏑馬をより楽しむ方法


    というもの


    まぁ、浅草流鏑馬に特化はしてないのですが、実際に浅草流鏑馬を観に行きますので。。。。


    事前の講座では道具についてや、それぞれの所作のことなどをお話する予定です。

    道具も実際のものをいくつか持参します。


    普段は遠くで観ている流鏑馬も、歴史的なことや見どころを知ると、より楽しいかもしれません。



    4月16日19時から

    会場はセントラルプラザ


    4月21日12時から浅草流鏑馬特設会場



    千本松牧場にて

    Posted by 小笠原清基(おがさわらきよもと) on 04.2018 弓馬術(流鏑馬)   0 comments
    春合宿のため千本松牧場へ

    なんと高校の先生にお会いしました。

    なんでも娘さんがこの近くに嫁いだとかで、よくいらっしゃっているようです。

    稽古中でしたので、ゆっくりお話しをすることができませんでしたが、約20年目のことで懐かしくなりました。


    もう一つ驚いたのは、改造バイクに乗っている方々が馬場の付近に複数台停めていたのですが、移動する際に離れたところまでエンジンをかけないで押して行って、馬が驚かないところまで行ってエンジンをかけて走り去っていきました。

    千本松牧場の方も、こんな風景は見たことが無いと感心していました



    さて、稽古ですが二日間です。


    皆それぞれ程度に差はあるにせよ上達はしているなと思いました。

    ごく稀に厳しく接する時もあったかもしれませんが、パワハラではないです!!!

    何を見て、どこを見て、何を目指して行動するのか。

    けっこう重要なことだと思います。

    初めて乗る馬だから午前中いっぱいかけてゆっくり乗るというのもいいですが、あと何回したら弓をひけるようにしたいなとか考えてみるとか。

    色々落ちているのに、馬をとめたら怪我とかして危ないのだから片付けてからとめようとか。

    色々みないとね


    20180304keiko1



    帰宅時にラーメン屋によって相談事。

    だから太るのです!!!


    一致団結

    Posted by 小笠原清基(おがさわらきよもと) on 21.2017 弓馬術(流鏑馬)   0 comments
    11月19日

    立川立飛流鏑馬が催行されました。


    お話しをいただいた際に、これまで出来なかったような流鏑馬を行ってほしいということでしたので規模の大きな流鏑馬をすることになりました。

    ただ、それをするには現状の力量では難しいということで1年かけて準備をしてきました。

    流鏑馬を執行するには、馬に乗って弓をひく射手だけがいればいいわけではありません。

    馬に鞍をつけること

    一般の方を乗せて馬を歩かせること

    諸役の方々に装束をつけること

    諸役の方々に動きを伝えること

    行事全体の流れを理解し先に先に動くこと

    などなど

    多くのことが必要になります。


    さらに、今回は子どもたちに伝統文化を知ってもらいたいという教育的観点をいれたいということで、展示や販売などもすることになっていました。


    どれかにずば抜けていればよいといことではなく、それぞれを総合的に理解しているからこそ動けるわけです。


    新人も熟達者も皆で補いあいながら一致団結してのぞまなければ事故が起きる可能性すらあったわけですが。。。。。


    騎射の稽古をしている門人の方々はしっかりと対応してくださいました。


    全く余裕なくのぞむのはあまりにも危険なので事前に問題がありそうなことは除き、そして省略できるところは省略しというように思慮し続けたこともよかったのかもしれません。


    詳細は下記のサイトをご覧ください


    http://ecoutez.exblog.jp/27723054/



    http://ecoutez.exblog.jp/27723103/


    http://ecoutez.exblog.jp/27723125/



    皆様、おつかれさま



    笠間稲荷神社流鏑馬

    Posted by 小笠原清基(おがさわらきよもと) on 05.2017 弓馬術(流鏑馬)   0 comments
    9月23日に続き、11月2日・3日と笠間稲荷神社へ伺いました。


    とりあえず


    ケーキを食す


    時間が無くともケーキを食す


    遅刻しそうでもケーキを食す


    そして、お土産で買って帰って、ご機嫌伺い。


    ケーキは偉大だ!!!


    そして、笠間稲荷神社の食事は美味しい!!!


    笠間はイダイだ!!!!



    小笠原流×武田流

    Posted by 小笠原清基(おがさわらきよもと) on 12.2017 弓馬術(流鏑馬)   1 comments
    日程が近くなってきましたので再度記載いたします。

    10月22日10時30分~12時30分

    大船駅近くにあります山崎浄化センターにて

    武田流小笠原流の合同演武を行います。


    第56代清和天皇から小笠原家も武田家も発しています。

    清和源氏といわれる家系になるわけです。

    兄弟ってことになるわけですかね。


    その後、それぞれの道を進むことになりますが、江戸時代に小笠原家は徳川家に仕え、武田は細川家に仕えます。

    武田流は、そのまま現在まで熊本を中心として流儀の継承につとめておられます。

    10月22日は、それぞれの流派の特徴などの説明や、実際の演武をご覧いただくということを予定しています。

    わざわざ熊本県から武田流の方にお越しいただきますので、小笠原流と武田流の共演をご覧いただくのは、次いつになることやら。。。。


    最近は秋ということもあり、全国で流鏑馬が執行されています。

    勇壮という印象をお持ちの方も多いかと思いますが、奥深さを知っていただく機会になるのかなと思います。

    また、ご覧いただいたことが無い方にとっては、少人数でゆっくりとご覧いただけます。

    小笠原流の流鏑馬はどこも大変な混雑でゆっくりとご覧いただくことが難しいのが現状です。


    詳細につきましては下記をご覧ください。


    武田流×小笠原流



    上記からのお申込みが難しい方は下記へご連絡ください。

    event@genuine-japan.jp



    すでに、鶴岡八幡宮の流鏑馬、穴八幡宮の流鏑馬、みどり市笠懸が終わりました。

    日光東照宮の流鏑馬、笠間稲荷神社流鏑馬、立川流鏑馬、多度大社流鏑馬祭りが今後予定をされています。


    合わせて、お時間がありましたら是非お越しください。




      

    プロフィール

    小笠原清基(おがさわらきよもと)

    Author:小笠原清基(おがさわらきよもと)
    1980年生まれ。
    弓馬術礼法小笠原流31世小笠原清忠宗家の長男。
    3歳で稽古を始め、小学5年で鎌倉の鶴岡八幡宮で流鏑馬神事の射手を務める。
    大阪大を卒業後、筑波大大学院にて神経科学博士を取得。「家業を生業にしない」という家訓があり、現在製薬会社の研究員。
    NPO法人小笠原流・小笠原教場 理事長
    一般社団法人日本文化継承者協会 代表理事
    一般社団法人蛍丸記念刀剣文化遺産伝承会 顧問
    日本女子体育大学弓道部 監督

    お知らせ

    カレンダー

    03 | 2018/04 | 05
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    QRコード

    QRコード