FC2ブログ
    Loading…

    友との別れ

    Posted by 小笠原清基(おがさわらきよもと) on 19.2019 日記   0 comments
    異動の時期

    餞別をどうしようかと悩む

    やはり、流鏑馬を通じて知り合ったので関連するものがいいのではないかと


    日光の流鏑馬の日だったのでちょっと足をのばして挨拶に

    そう

    日光の流鏑馬なので皆中すると禄がもらえる

    誰も買えない

    禄がよいのではないか

    ということで禄を渡すことにしました。

    が、実際に皆中してもらったものなのでちょっと汚れてしまいました。

    ど、どんまい


    彼には様々な面で助けていただいたし、門人の技量の向上にもご助力をいただきました。

    お会いする機会が減るのは残念ですが、ご家族と過ごす時間が増えるのだと思うのでよかったなと


    でも、さびしいな

    切り開くとは

    Posted by 小笠原清基(おがさわらきよもと) on 17.2019 日記   0 comments
    実力とは関係がなく

    性別、人種、年齢などで注目をされることが多々ある。

    新たな時代を作っていく、切り開いていくには


    それ、相応の覚悟が必要だと思う

    少なくとも自分は常にそのような環境であったと思う


    中途半端な気持ちであれば辞めればよい

    やるなら、強い覚悟を持ってやるべき

    選ぶのはあなた達


    https://www.tochigi-tv.jp/news2/stream2.php?id=6095417509001


    こんな雰囲気だから『小笠原流ってこわいぃぃぃ~』

    と言われてしまうのだろう

    ただ、我々は慣れていない馬に乗りオープンスペースともいえる神社で流鏑馬をしています。

    少しでも気がゆるめば自分自身だけでなく、多くの方々を巻き込んだ事故になりかねないのです。

    いつも乗っている馬ではないからこそ、強い緊張感を持つことが大切です。


    伝統をつなげるために技のみでなく精神を伝えていくことが大切だと小笠原流は考えます。


    土台の大事

    Posted by 小笠原清基(おがさわらきよもと) on 07.2019 日記   0 comments
    何事も土台は大事

    流鏑馬において、腰は非常に大切

    これが決まらないとなかなか思うようには動けない

    小倉から何とか戻したが、またしても。。。。。


    稽古で油断したというか、大丈夫だと思ってしまったのがいけなかった。

    今週末までには色々な手立てで戻そうと思う


    三連休の日曜日は熊本で流鏑馬です。

    武田流と!!!

    武田流の竹原宗家と流鏑馬を奉納します。


    ポーランド

    Posted by 小笠原清基(おがさわらきよもと) on 28.2019 日記   0 comments
    2016-japan-g-__2

    ポーランドに行ってから3年がたちました。


    そして、今、ポーランドに門人の方が行っています。

    そう

    3年間継続して関係が続いているのです!!

    ただいま、日本時間の午前2時ですが、ポーランドは19時です。

    時差!!!

    そう

    時差なのです

    この時差の中、スカイプで講演


    門人の方が講演しているのをスカイプで聞きながら補佐


    時差・・・・・



    流鏑馬

    Posted by 小笠原清基(おがさわらきよもと) on 23.2019 弓馬術(流鏑馬)   0 comments
    12月まで多くの流鏑馬が執行されます。

    9月16日;鶴岡八幡宮

    9月23日;会津若松

    9月28日、29日;熊本

    10月6日;鶴岡八幡宮

    10月13日;熊本(武田流と)

    10月14日;穴八幡宮

    10月16日;日光東照宮

    10月20日;熱田神宮

    10月27日;旭区流鏑馬

    11月3日;笠間稲荷神社

    11月23日;多度大社

    12月1日;鍵・唐子遺跡

    この他、土師神社、二荒山でもあります。


    歩射の行事、礼法の行事もございますのでご都合よろしい時に是非おこしください。

    詳しくは

    小笠原流のWebSite



      

    プロフィール

    小笠原清基(おがさわらきよもと)

    Author:小笠原清基(おがさわらきよもと)
    1980年生まれ。
    弓馬術礼法小笠原流31世小笠原清忠宗家の長男。
    3歳で稽古を始め、小学5年で鎌倉の鶴岡八幡宮で流鏑馬神事の射手を務める。
    大阪大を卒業後、筑波大大学院にて神経科学博士を取得。「家業を生業にしない」という家訓があり、現在製薬会社の研究員。
    NPO法人小笠原流・小笠原教場 理事長
    一般社団法人日本文化継承者協会 代表理事
    一般社団法人蛍丸記念刀剣文化遺産伝承会 顧問
    日本女子体育大学弓道部 監督

    お知らせ

    カレンダー

    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    QRコード

    QRコード